クラウド型勤怠管理タイムレコーダーSmileWork

VDT症候群~社労用語を解説~

    
\ この記事を共有 /
VDT症候群~社労用語を解説~

ビジュアル・ディスプレイ・ターミナルの略でパソコンなどのディスプレイを長時間使用することによって引き起こされる疾病の総称。

具体的な症状

具体的には、目の酷使、長時間同じ姿勢をとることで起こる、血流不良や目・身体の不調による心的ストレス等を原因とする、目の乾き/視力低下(視覚系)、肩凝り/手指のしびれ(骨格筋系)、イライラ/不安感/睡眠障害(精神・神経系)などの症状があります。 

「VDT労働環境のためのガイドライン」

厚生労働省では、VDT作業者の心身の疲労の軽減を図るため、2002年に「VDT労働環境のためのガイドライン」を策定し、作業場所の明るさやパソコンの設置位置、作業の姿勢、作業時間管理(連続作業時間・作業休止時間)などについて定めています。

Copyright©勤怠管理のスマイルワーク,2022All Rights Reserved.