クラウド型勤怠管理タイムレコーダーSmileWork

SmileWorkの特長

選ばれる理由

パソコン不要で出退勤ができる

今までの勤怠管理ソフトではICカードリーダーを接続する「出退勤専用のパソコン」をお客様ご自身で用意する必要がありました。

・パソコンの購入が必要(どんなパソコンを買えばいいの?)
・パソコンを置くスペースも必要(レジ横が狭くてPCが置けない)
・パソコンメンテナンスも必要(パソコンが固まって出退勤ができない)
といった問題がありました。

そこでSmileWorkは専用端末を用意。PCなしで出退勤することができます。スマイルワーク端末は出退勤専用のIoT機器です。端末のメンテナンスも不要。とってもコンパクトサイズなので場所に困りません!

スマイルワーク専用端末はピッとかざすだけ

スマートフォンでも出退勤ができる

テレワークや外出時の場合でも、スマートフォンで出退勤が可能です。
個人IDとパスワードでログイン。出勤・退勤ボタンを押すだけ。

オリジナル機能のカスタマイズ

ご要望に応じてカスタマイズを行います。さまざまな業種・職種のお客様から業務改善のご報告、喜びの声をいただいています。

工事現場でipadを使って大工メンバーの勤怠管理
(S工業様)

複数の現場を施工されているS工業様。パソコンやインターネット環境がない複数の建築現場で、大工メンバーの勤怠をそれぞれiPadを使って管理されています。iPadでメンバーの名前が表示されるので、本人は毎朝タッチするだけ。各現場の出勤状況がリアルタイムで把握ができます。

ヘルプ(助っ人)の勤怠管理
(飲食グループJ様)

複数の飲食店を経営されるJグループ様。急な病欠で助っ人が必要なスタッフの出退勤も管理できます。(ヘルプ時、他店舗でのアルバイト代の付与、店舗ごとの時給変動など)

残業が多いとアラートを表示
(宅配業K様)

残業が必要な際、上長に対して残業を申請することができます。また残業削減の一環として、会社規定の時間を超えると警告のアラートが表示されるようカスタマイズさせていただきました。

他社との比較・メリット

標準機能は追加費用なしで全ての機能を使用することができます。

一般的な
タイムレコーダー
一般的な
勤怠ソフト
SmileWork
初期費用×
本体購入費がかかる
×
勤怠専用PCが必要

専用端末レンタルでPCいらず
月額費用
なし(用紙代・インク代程度)

一人あたり200〜300円

一人あたり300円
運用の労力×
タイムカード用紙の入力手間がかかる

PCのメンテナンス

メンテナンスなし
置き場所×
タイムレコーダーと用紙を置くスペース

PCを置くスペースも必要

とっても省スペース
会社ごとのカスタマイズ×
できない
×
ほとんどカスタマイズできない。高価

ご要望に応じてカスタマイズ!
操作性
タイムカード を探して挿す手間

選択肢はたくさん

ICカードをかざすだけ
Copyright©勤怠管理のスマイルワーク,2022All Rights Reserved.