クラウド型勤怠管理タイムレコーダーSmileWork

社労用語を解説~高度プロフェッショナル制度~

    
\ この記事を共有 /
社労用語を解説~高度プロフェッショナル制度~

高度プロフェッショナル制度を知っていますか?

対象者は

高度プロフェッショナル制度は、高度の専門的知識などを有し、職務の範囲が明確で一定の年収要件(1,075万円以上)を満たす労働者が対象になります。

制度導入のための条件

休日確保措置(年間104日以上) や健康管理時間の状況に応じた健康・福祉確保措置等を講じることで、労基法の労働時間、休憩、休日及び深夜の割増賃金に関する規定から適用除外となります。
制度導入には、労働者本人の同意を前提に、労使委員会で決議をし、所轄労基署に「高度プロフェッショナル制度に関する決議届」を届け出るなどの必要があります。

導入企業数

令和3年3月末時点で、導入企業数は20社 (21事業場)、対象労働者数は552人とされています。

Copyright©勤怠管理のスマイルワーク,2022All Rights Reserved.