クラウド型勤怠管理タイムレコーダーSmileWork

社労用語を解説~ハインリッヒの法則とは?~

    
\ この記事を共有 /
社労用語を解説~ハインリッヒの法則とは?~

ハインリッヒの法則を理解し、労働災害を未然に防ぎましょう

アメリカの損害保険会社の安全技師・ハインリッヒが発表した法則で、「1:29:300の法則」とも呼ばれます。

この法則は、ある工場で発生した労働災害を統計学的に分析し、導き出したもので、1件の重大災害の背後には、重大災害までには至らなかった軽微な29件の災害があり、さらにその背後には、災害までに至らなかった300件の異常(ヒヤリハット)があるというものです。

労働災害を未然に防止するためには、日頃の不注意・不安全行動による小さなミスやヒヤリハットを起こさないようにすることが大切であり、ヒヤリハットなどの情報を職場で共有し、必要な改善・対策を講じることが求められています。

Copyright©勤怠管理のスマイルワーク,2022All Rights Reserved.